WTA fainals チブルコバ対クズネツォワ

WTA fainals チブルコバ対クズネツォワ

by Minoru Kaneko, 2016年11月3日

チブルコバ 対 クズネツォワ
今大会の台風の目となった下位シードの二人の対決 どちらも予選では走り回り、気合で勝ち切りました。一日おきのラウンドロビンといえども疲れも出てきていると思われます、クズネツォワにいたってはセレナのウィズドローからの繰り上がり 本当のラストインで移動してきていきなりの試合からの快進撃でした。


そんなチャンスに強い強靭な選手同士の戦いですから激しい打ち合いとなります。

 

dsc_0508
そんななか ゲームはセカンドサーブを攻撃的に叩いたクズネツォワが6-1でセットを先行します。
ラリー戦では引けを取っていないのでなんとか挽回したいチブルコバセカンドセットは両者ともブレークの後はブレークバックという展開となりタイブレークとなります。ここでチブルコバが3-2リードから4ポイントを連取して勝負はファイナルセットへ

dsc_0257
勢いがついてきたチブルコバが2ゲームを連取、維持の反撃を見せたクズネツォワが4ゲーム連取とゲームが進みます。

dsc_0377
安定のストロークに時にスライス、ドロップと混ぜたり見ごたえのある応酬 両者一歩も引きませんが 少しだけクズネツォワに変化が見られます。

終盤に入って気合が入りすぎたのか ラリー中に声が出なくなりました対するチブルコバは安定したペースを保ちます。

dsc_0275
4オールに追いつかれ 流れもチブルコバ クズネツォワがここから再度 声を出しながらのラリー 激しさを増した打ち合いでしたが流れを止められず最後の2ゲームを奪いゲームセットとなりました。

 

dsc_0451

後半は少し高めの打点から打ち込み 攻撃的にいってました。

攻撃が成功し大きな勝利をつかみました。

 

No Comments


Leave a Reply

Your email address will not be published Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

CAPTCHA