試合で経験すること。観戦で感じること。

試合で経験すること。観戦で感じること。

by Minoru Kaneko, 2017年5月27日

フューチャーズの熱戦が続いています。しかし雨が降って一日待機することもあります。また翌日には炎天下で試合 っと 思ったら雨で中断・・・。

選手を始め大会運営のスタッフや観戦者にとってもタフな試合となっています。本当にこ時期なのに雨が多くて困りますね。でも勝負に関してはそれも含めて戦っていかないといけません。対戦中なら同条件と思いやすいですが  試合が終わってから雨が降った、かたや1セットオールでの中断で いつ再開するかひたすら待っていたあと翌朝の試合を組まれ 勝っても少しの休憩後に試合などとなると不公平さを感じるかもしれません。しかし不公平さを嘆いても解決はしませんし 有利になるとも思えません 例えば ミスジャッジがあったとしてもイレギュラーバウンドやネットインなどと同じように 自分の中でサラッーーーっと流していけないといけません(簡単ではないと思いますが)。

 

最初の写真はシンガポールのエース Alam Shaheed

1回戦を勝ち 2回戦では日本の片山翔選手にファーストセット7‐6で取り セカンドセットも終盤までギリギリの展開に持ち込みました。暑さや雨での中断は慣れています。

 

片山選手

慣れない環境ながら耐え抜いてチャンスを待ちます。

今回は 勝つことが出来ましたが これも遠征や試合の経験があってこそで セカンドセットの終盤の攻防は応援にも力が入りました。おめでとうございます!

 

試合に出ることで得られる経験と見ることによって得られるものは少し違うかもしれませんが いつか「あ あの時見たようなシチュエーションだ!」なんてことが起こるかもしれません。プロらしさ 人間らしさを見ることが出来ます。

是非フューチャーズを観戦することをお勧めします。

 

 

また会場は異なりますがジュニアの試合も始まります。

やはり経験を積むということは何かしらの学習機会が増えるということとなります。選手が何を感じ 何を学んだかが 重要で 勝った負けただけだともったいないですね。

どんどんトライして学んでいきましょう!

No Comments


Leave a Reply

Your email address will not be published Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

CAPTCHA